カラコンと眼球の関係性

カラーコンタクト、通称カラコンは現在若者を中心にファッションの一部として普及しています。これは、視力矯正を目的とする通常のコンタクトレンズとは異なり、眼の色を変化させることを主要な目的としています。日本人と言えば黒い色の目や、焦げ茶色の目が特徴的です。しかし、外国人の中にはブルーやグリーンの目を持つ人々がいます。これらの人々に対する憧れを現実のものにしてくれるのがカラコンです。これを装着するだけで簡単に自分の好きな目の色を手に入れることができます。カラコンは主にインターネットでの通信販売や、眼科やコンタクトレンズ専門店で購入することができます。比較的安価な値段で購入できるため、様々な人に広く受け入れられています。カラコンは目の色を変えるだけではなく、黒目の大きさを小さくしたり大きくしたりすることも可能であり、オシャレには欠かせないものとなりました。


さらに、芸能人や有名人などがテレビで装着しているのを見たり、ファッション雑誌の広告欄に掲載されているのを目にする機会が増えたため、非常に受け入れられるようになりました。また、カラコンは視力矯正のための度が入っているものもあるため、視力が悪い人でも気兼ねなくつけることができるというメリットがあります。以上のことから、カラーコンタクトには良いことばかりのように思われるのですが、実際にはデメリットもあります。まず、通常のコンタクトレンズにも当てはまることですが、眼球に直接レンズを取り付けるため、角膜を傷つける可能性があります。これは定期的に眼科で医師の診断を受けていればよいのですが、カラコンを使用する人の多くは視力矯正用の人とは目的が異なるため、眼科に行かない人が多いのです。そのため、危険性がより高いと言えます。さらに、通常コンタクトレンズには使用期限が定められているのですが、この期限を守らずに使用してしまうと、自分の知らないうちに視力が大きく低下することにもつながります。一般的にはカラーコンタクトは通常のコンタクトレンズに比べて目に悪いと言われますが、その原因の多くは使用方法の誤りです。確かにカラーコンタクトは色をレンズに付加しているため、通常のコンタクトレンズに比べて厚いのですが、それだけが視力低下の原因ではないことのほうが多いということになります。


以上のことから、カラコンを使用する際には、そのデメリットを確実に念頭に置いたうえで使用方法を確実に守ることが必要不可欠と言えます。

Blog Home